アラフォーの美容日記

健康を気に留め始めるアラフォー世代の私

もっと若い時は健康の事なんて考えてもみなかったですが、三十を過ぎ年令の近い同世代の友人も健康を気に留めるような話題をしており私も考えるようになりました。そろそろ自分の健康について真摯に考えるべきないようなお年頃に入ったということです。アラサーになって、お酒を飲んだ翌日に二日酔いがひどかったり、遅くまで仕事をしてると朝起きることができなかったりなどと少し前までとは異なったカラダの変わりようを感じてしまう様になりましたが、この状態じゃ心身ともに良い生活であると言えないなと振り返ることが増えて来たみたいです。30を越えて無茶なことができないなと深く感じることがあるので、自分に合うように色んな健康を保つための方法論を生活に入れ、なるべく身体に良好な毎日を維持できるように努力を注ぐことがこれからを楽しく過ごす為のヒントと思っているのです。
生活習慣病は毎日の生活で無茶をしていて、治りにくい疾病の症状が現れたりそれが悪化したりする可能性があるような無謀な暮らしを過ごしていることによってなってしまう病のことです。よく確かめてみたら自由な生活の中で過ごしていることで自己を体調不良にしてしまうような病と気づきました。血圧が高い方は食生活の制限は必須ですが、喫煙している方は直ちに禁煙した方がいいです。本人にも他人に対しても良くないことばっかりで全然長所はないのですぐにでもやめるよう努力を始めてみましょう。よそごとではない生活習慣病は最近の自分自身の生き方を変えるよいチャンスとなったと思います。すぐにスポーツや食べ物など規則正しくし、病気知らずで日々を過ごすためにも何もない今やれることを今後悩まされないために見直してみようと思うのです。